リフォームでワンランク上の収納に 〜 リフォームどっとこむ

main_top_over_navi
main_top

リフォームでワンランク上の収納に

部屋の大きさは変わらないのに、物だけ増えていって置き場所に困るなんて人も多いはずです。
増えてきた趣味の物を置きたい・家族が増え子供も大きくなってきたからなど、理由はそれぞれ違います。
物が増える度に、今以上に広い部屋に引っ越すわけにもいきません。
階段の下側・家具や家電のちょっとした隙間などを利用して収納棚などを作ると良いです。
一戸建ての家なら、屋根裏部屋やロフトを作る空間があれば、かなりの物を収納できるでしょう。
マンションなどでそんなスペースが無いという家なら、床下収納を作り、普段あまり使わないものを片付けておくと便利です。
靴棚が小さい場合、天井部分に別の棚を取り付けましょう。
分厚い壁があるなら埋め込み式の棚を作り、本棚にするも良し、プライベートスペースにしても良し、と利用する幅が広がります。
奥行きはあるが幅が狭いスペースなら、収納棚にキャスターなどでスライド式にすると隙間を有効に活用出来ます。
私たちが普段の視界から、ほんの少し上や下に目を向けるだけで、使っていないスペースはあります。
住んでいる家や持っている物の量はそれぞれ違いますが、アイディア次第で変われるのです。
何をどこに片付けたいかを考えることも大切です。
家が狭いからと言わずに、リフォームで空間を上手く活用して問題を解決しましょう。


side_top

Valid XHTML 1.0 Transitional

↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2013 リフォームどっとこむ All Rights Reserved.