オール電化にリフォームする 〜 リフォームどっとこむ

main_top_over_navi
main_top

オール電化にリフォームする

テレビCMなどで見るオール電化とはどういったものでしょう?
火の代わりの電気を使うのでCO2が出ないため、地球にとても優しいと言われています。
ガス給湯器を電気に変えるだけで、CO2の排出量は半分にも減らすことが出来てとてもエコです。
家族の入浴時間がバラバラな家庭は何度も沸きなおさなくてはいけませんが、電気ならボタン一つで追い炊きが出来て経済的です。
ガスコロンをIHクッキングヒーターに取り替えるだけで、環境に優しいだけでなく、コンロとは違いメリットが多いのです。
火を使わないので安全で、プレートなので毎日の掃除がとても簡単です。
空気中の熱を利用するヒートポンプ式を取り入れた床暖房をリフォームの際取り入れる家庭も多いようです。
床暖房は、部屋中の空気を汚さず乾燥も防ぐので、小さな子供がいる家庭にとても人気です。
これらをリフォームで取り付けるだけでとても経済的ですが、屋根に太陽光発電システムを取り付けるともっと経済的になります。
取り付けには200万円以上かかりますが、余った電気は売ることが出来ます。
電気の買取単価は国により決まっていて、太陽光発電システムを取り付けた年の定められた買取単価で、10年間計算されて買い取られます。
リフォームはとても高いですが、補助金制度などもあるので調べてみるとよいです。
太陽光発電システムの寿命は、一般的に20年以上と言われています。
今の光熱費と、オール電化・太陽光発電システムに変えた後の光熱費を見比べてみてはいかがでしょうか?
節約できて余った電気は売ることが出来る、家計にも優しいリフォームになるはずです。


side_top

Valid XHTML 1.0 Transitional

↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2013 リフォームどっとこむ All Rights Reserved.