子供に優しい部屋にリフォームする 〜 リフォームどっとこむ

main_top_over_navi
main_top

子供に優しい部屋にリフォームする

結婚して子供が出来たとき、家のあちこちで気になる部分が出てきます。
生まれてくる赤ちゃんのハウスダストなどアレルギーが心配ですね。
出産前にハウスクリーニングをしておくと、とても安心です。
歩き始めた赤ちゃんは、とても好奇心が旺盛です。
大人には何にも無い事や場所が、赤ちゃんにとってはとても危険なのです。
小さな床の段差をなくして、ガラスで出来たドアから木製のドアに変えるなどの配慮が必要です。
転倒してぶつけたら大変なので、丸みの帯びた柱に変えると安心です。
子供が一人でお風呂に入れるようになった頃、床と浴槽の段差を低くしてあげたり、滑りにくい素材の床にするなどしましょう。
小学校に入ると、子供部屋が必要になってきます。
おもちゃや服で溢れかえってしまう上に、大きな勉強机を置かなくてなりませんが、使いやすい収納スペースを作ってあげましょう。
ベッドの下に勉強机や収納棚・クローゼット・ロフトや吊戸棚などを作ると、広さを有効に活用出来ます。
狭い部屋の場合なら、ベッド自体を収納できるタイプに変えてしまい、部屋を広く使えるようにすることも出来ます。
工夫次第で子供の成長に合わせた家が仕上がります。


side_top

Valid XHTML 1.0 Transitional

↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2013 リフォームどっとこむ All Rights Reserved.