いつリフォームすればよいか? 〜 リフォームどっとこむ

main_top_over_navi
main_top

いつリフォームすればよいか?

使い勝手が悪いから、傷んできたから、など見える範囲でリフォームを決めることが多いと思います。
大事な我が家をいつまでも綺麗に長く住み続けていたいですよね。
家の各部分にはそれぞれの寿命が決まっています。
気づかないだけで、目に見えない部分の老朽化が進み早急にリフォームしなければならない場合も多々あります。
例えば、屋根裏や床下に使われている金属の錆びや柱などの木材が腐ってくるなど、普段の生活ではあまり気づきにくいものです。
また、シロアリ・ゴキブリなどの害虫やネズミによる被害も、老朽化を進めてしまいます。
これらは、耐震強度が弱まるとともに家が傾く原因にもなり、とても危険です。
風呂やトイレなど家族が毎日使う場所は、どうしても傷むスピードが早まります。
ガスコンロや給湯器などの機器の寿命が切れてしまう前に、リフォームできるよう注意しておきましょう。
水まわりの配水管などは自分では分からないので、定期的に業者に頼んで調べてもらう必要があります。
雨風にさらされる外壁は、年々ペンキが剥がれていき防水機能も低下してしまい、カビなどの原因にもなります。
毎日のお手入れで、少しでも長く住みやすく家を保ちたいものです。
しかし、専門知識のない素人では出来る範囲は限られています。
何年かに一度は定期的に点検・リフォームを業者に頼むことも大切です。


side_top

Valid XHTML 1.0 Transitional

↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2013 リフォームどっとこむ All Rights Reserved.