余裕を持ったリフォーム資金計画を 〜 リフォームどっとこむ

main_top_over_navi
main_top

余裕を持ったリフォーム資金計画を

だいたいのリフォームの見積もりは、工事前の最終見積もりで確認できます。
リフォームには、工事以外の費用がかかることも珍しくありません。
いざ解体工事が始まると、リフォームする部分の周りの老朽化がひどく補修してからでないと、リフォームが出来ないということもあります。
バスルームのリフォームで配水管の不備が見つかる・収納スペースを作ろうとしたら柱の中の部分がシロアリによって腐っていたなどです。
こういった場合は、もちろん追加工事を行わないと、当初のプランどおりリフォームが進みません。
この補修工事に新たな追加料金がかかってしまいます。
また、取り付け予定だった機器を変更せざるおえない場合もあります。
リフォームした部屋に以前使っていた家具が合わずに買い替えなければならないこともあるでしょう。
大掛かりな工事で長期間かかる場合、その期間の住居の家賃がいります。
ペットを飼っている家庭なら、リフォーム中に借りた住居がペット禁止物件の場合、ペットホテルを借りなければなりません。
リフォーム中の騒音などで近所に迷惑をかけてしまうこともあるので、挨拶まわりも必要になります。
キッチンをリフォームしている間は、食事が作れないので外食をしなければなりません。
初めの予定していたリフォーム予算より、かなり余裕を持って資金計画を立てる方が良いようです。


side_top

Valid XHTML 1.0 Transitional

↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2013 リフォームどっとこむ All Rights Reserved.