リフォームローンで減税 〜 リフォームどっとこむ

main_top_over_navi
main_top

リフォームローンで減税

増改築、バリアフリーに改築などいろいろなリフォームがあります。
リフォームの内容や広さなどによって、予算も変わってきます。
自己資金が足りないときに利用するのがリフォームローンで、これは通常の借り入れローンとは違い、住宅ローン控除が受けることができます。
家を購入する際に組むのが住宅ローンですが、リフォームも含まれます。
「リノベーション」という言葉を耳にしたことはありませんか?
中古物件をリフォームで、今の時代に合うデザインにしたり、住む人のライフスタイルに合わせて改築することです。
不況の影響で、この「リノベーション」がとても人気を集めています。
この住宅ローン控除とは、住宅ローンによる借入が一定額あり条件を満たせば減税するというものです。
2008年で終了する制度でしたが、税制改正により5年延長されることになりました。
床面積が50平方m以上であり、その1/2が住居スペースであること。
所得が3000万円以下であること。
入居6ヶ月が経過して、以後住居し続けること。などの条件があります。
リフォームを始める前に、住宅ローン控除についても調べるとよいでしょう。


side_top

Valid XHTML 1.0 Transitional

↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2013 リフォームどっとこむ All Rights Reserved.