リフォームで地震に備える 〜 リフォームどっとこむ

main_top_over_navi
main_top

リフォームで地震に備える

私たちの地球には数多くのプレートが存在し、このプレートが動くたび地震が起こります。
日本の下にはいくつかのプレートが隣あっているため、地震大国と言われています。
1981年に建築基準法が改正されて、それ以降に建てられた建物は全て耐震基準を上回っています。
しかし、それ以前に建てられたものは耐震強度がとても低く、次に大きな地震が来た時とても危険なのです。
そのために、今までの家全て建て替えるのではなく、部分的に補強していき今より耐震性を高めるリフォームをしていきます。
近いうちにトータルリフォームの予定がある人は、耐震性もプランに組み込むべきだと思います。
また部分的リフォームを繰り返している場合は、少しずつ家に歪みが出てくるので、強度が低くなってしまうこともあります。
最近、悪徳業者による手抜き工事が問題になっています。
建築基準法改正後に建てたからといって、安心することが出来ない世の中です。
改めて耐震強度を調べてもらうとよいでしょう。
その際は耐震リフォーム専門業者に頼むことをお勧めします。
家族の安全のため、大きな被害になる前に家の耐震性を見直しリフォームしましょう。


side_top

Valid XHTML 1.0 Transitional

↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2013 リフォームどっとこむ All Rights Reserved.