リフォームの欠点 〜 リフォームどっとこむ

main_top_over_navi
main_top

リフォームの欠点

何事にも利点と欠点があります。
リフォームにも欠点はあるので、行う前によく検討して始めましょう。
リフォームは建物まるごとを作り変えるわけではないので、場合によっては制限されることもあります。
そのため、要望どおりにリフォーム出来ずに妥協しなければならないこともあるのです。
階段の位置も変えにくいですし、水まわりの設計はきまっているので、場所を変更することは難しいです。
小さな2部屋を大きい1部屋にリフォームすることも可能ですが、リフォームによって耐震強度が弱くなることもあるので、業者に確かめてもらう必要があります。
リフォームしたからと言って、地震に強い家に変わるわけではありません。
耐震性を強くするリフォームをしなくてはいけません。
もともと予算が高いリフォームで、広さ・リフォーム箇所・追加工事などによって、初めの見積もりよりも実際は少し高めになることもあります。
業者だけでなく、職人による作業もお願いする場合さらに追加料金がかかります。
用意している資金で賄えるリフォームをするのがベストです。
まるごと建て替えする場合は、数ヶ月かかりその間の住居が必要になります。
住みながら出来るリフォームは新たな家賃などはかかりませんが、毎日の工事によりものすごい騒音になることもあります。
短期間にせよ、近所への配慮も必要です。
リフォームのいいところ・悪いところ、それぞれ見極めて考えていきましょう。


side_top

Valid XHTML 1.0 Transitional

↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2013 リフォームどっとこむ All Rights Reserved.